ガラスドームで作る!ボトルシップのビーズ版

このページに書いてあること

今回は、ガラスドームの入り口より大きい鞠を中に入れた作品の作り方を紹介します。こんなガラスドームの使い方もあるんだな〜と思ってもらえたら幸いです。

では早速見てください。これ。

比べてみてください

右の鞠、左のガラスドームの穴には入りませんよね?でも入っちゃうんですよこれが〜!おもしろいでしょ〜!

入ります

作り方

それではさっそく作り方を説明します。用意するのは

  • ワイヤー
  • ビーズ(ガラスドームの穴を通るもの)
  • 爪楊枝
  • 接着剤

です。

鞠を作る

まずはガラスドームに入れる鞠を作ります。ワイヤーはこれを使用。特にこだわりはないですが、針金ではなくワイヤーにしてください。

ひたすら編みます。編み図は下にあります。出来上がっても、ワイヤーを結ばすそのままにしておいてください。

鞠の編み図はこれです

鞠をガラスドームに入れる

さて、ここからが本番です。鞠をガラスドームに入れていきます。

まず、編んだ鞠のワイヤーを緩め、ヘロヘロの状態にします。

柔らかくしてください

その後、ひと粒ずつガラスドームの中に入れていきます。

全部入れ終わりました

全部入ったら鞠の形を整えます。ワイヤーを軽く引っ張りつつ、爪楊枝で位置調整してください。

鞠が形になったら完成です。

ガラスドームの中でうまく形にならない場合は、一回取り出して絡まった部分を解き、もう一度中に入れましょう。

仕上げに、ワイヤーを結びます。難しい処理はできないのでそのまま結んでしまいます。結び目が不安な人はボンドを軽く塗っておきましょう。ガラスドームの中で目立たないので、端の処理はあまりこだわらなくて大丈夫です。

完成しました。あとは、お好みの蓋をつけて、ピアスやネックレスにお仕立てください。

ほら、入っちゃうんだぞ!!おもしろいでしょ!!