ハンドメイドでピアスを制作する際のアレルギー対応を紹介

可愛いピアスを身に付けたいけれど、金属アレルギーがあるので素材によってはアレルギー症状が出てしまうという人も多いです。

ハンドメイドで制作したピアスを通販や販売会で売る場合に、アレルギー対応を頼まれたどのようにすればいいのでしょうか。

金属アレルギーが起きにくいパーツに交換

金属アレルギーが起きにくい素材には、18金やプラチナがあります。

金属アレルギーが引き起こされるのは直接金属に触れるからではなく、汗などで金属イオンが溶け出しそれによって体の免疫反応が過剰に起こるからです。

18金やプラチナはイオン化しにくいので、アレルギーが起こりにくい素材といえます。

そのためハンドメイドでピアスを作る場合のアレルギー対応にぴったりの素材です。

ただし、18金やプラチナは高価なので、価格が高くなってしまいます。

ステンレスや樹脂はリーズナブル

アレルギーが起きにくい素材として、ステンレスや樹脂もあります。ステンレスと樹脂は18金やプラチナに比べて大分値段が安いので、コストを抑えることができます。

アレルギー対応の方法(スタッズピアス)

ピアスの中には、スタッズピアスなど作成した後に部品交換を行うことが難しいものもあります。特にモチーフにピアスの金具を接着剤で接着しているものは交換が難しいです。

そのためアレルギー対応を依頼されることを考え、金属パーツを接着しない状態で保管しておくのがおすすめです。

そして、注文が入った段階で接着を行うようにします。即売会だと時間がかかってしまうのが心配ですが、速乾性の接着剤を使うと時間を短縮することができます。

アレルギー対応の方法(フックピアス)

フックピアスの場合には、フックを交換するだけなので面倒な手間はありません。樹脂やステンレスのパーツをあらかじめ準備しておくとスムーズに作業ができます。

また、パーツ交換の代金を有料にすることもできます。その場合には、大体100円程度に設定していることが多いです。

部品交換がどうしても難しい場合は?

ハンドメイドのピアスで部品交換が難しい場合には、そのことをきちんとお客様に伝えるようにします。その上で、金属アレルギー対策のアイテムを紹介するといいでしょう。

■ピアスコート剤
ジェイピーエス(JPS) メタルコート 美容液(Amazon)

■ピアスカバー
ピアスカバー スキンプロテクター12個(6ペア) 樹脂製(Amazon)

ピアスコート剤は、金属をコーティングして直接肌に触れないようにする便利なアイテムです。ピアスカバーも、ピアスホールに金属が直に触れるのを防いでくれます。

まとめ

ハンドメイドでピアスを制作する場合、アレルギー対応を求められたらまずアレルギーが起きにくい素材のパーツに交換するようにします。

18金やプラチナ、ステンレス、樹脂などがあります。

対応が難しい場合には、ピアスコート剤やピアスカバーといったアレルギー対策に使われているアイテムを紹介するようにしましょう。

できるだけ多くの人に自分が作った商品を届けたいですね。