ハンドメイド作品販売を続けるワケ〜とある作家の場合〜

ハンドメイド作家の方にインタビューしてきた記録です

最近では、初心者でも簡単にハンドメイド作品販売にトライできます。

その理由は、個人でヤフーオークションやフリマ、メルカリのシステムを活用することでハンドメイド作品を販売できるからです。

ハンドメイドといっても、アクサセリー、洋服、雑貨、木彫り人形、ポーラセーツ、カルトナージュアートといった風に、様々な物があります。

さて、現役の作家さんたちはどういう気持ちでハンドメイドしているのでしょうか?

それでは、インタビュー内容をどうぞ!

私がハンドメイド作品の中で一番力を入れて販売している物が、アクセサリーです。なぜアクセサリーをハンドメイドするようになったのかというと、きっかけは自分が愛用していたネックレスの糸がほどけてしまったからです。

糸がほどけてしまったネックレスを宝石店やアクセサリーの修理店に修理に出すと、数千円かかってしまいます。

それで、なんとか自分で修理をしてみようと思ったのが、アクサセリーをハンドメイドするきっかけとなりました。

アクセサリーの修理を自分でトライするようになってから1か月後には、自分だけの力でオリジナルのアクセサリーを作れるようになっていました。

自信がついてきたので、アクセサリー販売は初心者でしたが、ヤフーオークションやフリマで販売してみようと思ったのです。

ヤフーオークションやフリマのサイトは、10年以上前から家庭内の不用品のリサイクルのために活用していました。

ヤフーオークションやフリマで、ハンドメイド作家のアクセサリーを購入した経験もあったので、自分でもハンドメイド作品を販売していこうと思いました。

アクセサリーのハンドメイド販売を始めてから、かれこれ5年ぐらいなります。楽しいので、やめたいと思ったことはありません。

アクセサリーのハンドメイド作品を販売するメリットは、初心者でもトライしやすい点です。

そのわけは、わざわざ数十万円かけて自分だけの販売サイトを立ち上げなくても、ヤフーオークションやフリマ、メルカリなどの大手サイトを活用すれば、百個でも千個でも一万個でも、好きなだけ出品販売できます。

ハンドメイド作品販売には様々な物がありますが、アクセサリーのハンドメイド作品の利点はかさばらないことです。場所を取らないので数百個作ったとしても、保管場所は段ボール1個ぐらいで済む点が魅力的です。

他にも、もしハンドメイドしたアクセサリが売れなかった場合は自分が身に着けていればいいので、無駄にはなりません。

ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます。

私はコスチュームジュエリーが好きなので、いつも二連、三連の豪華なネックレスやブレスレットをハンドメイドしては、普段使いしています。

アクセサリーのハンドメイド作品販売をしていてデメリットだと感じた点は、意外と売れないことです。自分ではとても気に入っているのですが、ヤフーオークションやフリマにはアクセサリーが大量出品されています。

中古のパールのネックレス20点で1000円からの入札といった風に、非常に安い値段をつけて出品されているので、1点ずつ出品しているハンドメイド作品のアクセサリーが売れにくいのです。

自分のハンドメイド作品のアクセサリーを高級に見せるためには、店舗販売したり、個人のアクセサリー販売サイトのホームページを立ち上げた方が良いらしいですが、経費がかかるのでやっていません。

初心者ですと、やはり大手サイトのヤフーオークションやフリマ、メルカリを活用するのが良いようです。

アクセサリーのハンドメイド作品販売を始めてから5年以上経過しましたが、このまま続けていこうと思っています。アクセサリーのデザインを考えて、上手く作ることができた時の感動を味わえるからです。

その感動だけでなく、ハンドメイドしたオリジナルのアクセサリーをその日のファッションに合わせてコーディネートしていく楽しみもあります。

今はお気に入りのワンピースに合わせたデザインのアクセサリーをハンドメイドするようにしています。

アクセサリーのハンドメイドも初心者だった私ですが、だいぶスキルアップしてきました。

さらに腕を磨いていけば、アクセサリーの修理や、オーダー品もハンドメイドできるかもしれません。

そうすれば私のハンドメイドアクセサリーを手にとってもらうことが増えると思うので、今後もアクセサリー作りを頑張っていきたいです。

まとめ

悩みも嬉しさもすべて詰め込んでくれたインタビューでした。ありがとうございます!

なにかひとつでも、皆様の心に届いたなら幸いです。