ハンドメイドアクセサリーで余ったパーツはどうする?

買ったパーツが余っちゃった!よくある話です。どうしましょう?

そのまま捨てるともったいない!

ハンドメイドのアクセサリーは材料を購入して自分自身のアイデアを考え、個性的なデザインにすると唯一無二のものになります。

購入したパーツはすべて使い切ることが理想的ですが、実際には中途半端な状態で残ってしまうことが多いものです。

この場合はどうするか迷いますが、そのまま捨てるともったいないため再利用ができないか考えると有意義に利用できます。

余る原因

余る原因は、まとめて購入すると1つあたりの単価が安くなる……しかしアクセサリーを少し作っただけでは使い切れないことが多いからです。また、ひと袋の内容量が多いということもあります。

このため、余ってしまうことがありますが、フリマアプリなどで売ると中古になるため定価以上の値段がつかなくて赤字になります。赤字はつらいですよね。

使わないと判断して捨てたり廃棄処分をすると環境に悪い場合もあり、うまく利用できないか考えると良さそうです。

捨てることがもったいないと考えるなら必要な数量だけ購入すれば良いですが、袋売りだとそうもいかないのが現実です。

部屋に飾ったりDIYで使えないか考えよう

ハンドメイドのアクセサリーの材料は使用用途が多く、DIYで利用するなど様々な方法があります。

余った材料は食品などのように消費期限がないため、使うチャンスが来るまでそのまま保管すると便利です。

100円ショップなどで買えるオシャレな瓶にビーズを入れて飾っておくだけでインテリアになります。

余ったときにどうするか迷っているときはそのまま捨てたりフリマアプリに出すなどの選択肢を考えると逆に損をしたり手間がかかるため、結論が出ない状況であれば取っておくとよいでしょう。

ハンドメイドアクセサリーは自分自身のアイデアで作るため、手本どおりにしなくてもよく、余ったものをうまく使えないか考えるようにすると出費を減らせます。

パーツの使い方は、迷っていればネットで検索したり友人や知人などに相談すると最適なアドバイスが返ってくることもあり、その機会に新たな発見をするかもしれません。

余ったものを使えば出費を減らせる

ハンドメイドアクセサリーは自分自身のアイデアを作品として表現でき、パーツの組み合わせやデザインを自由に組み合わせることができます。

余ったものでも再利用できるようにすれば余分な出費を減らせ、活用する選択肢を増やすことで今後の創作にも役立ちます。

パーツはまとめて購入すると単価が安くなるため、作る個数を増やすように考えると効果的です。

また、材料の中でも保管する際に温度管理をしないといけないものもあり、区別して保管しできるだけ長く使えるようにすると節約ができます。

夏場は直射日光によってプラスチック製のパーツが変形することもあるので、冷暗所や押入れ、タンスなどに保管しましょう。

まとめ

ハンドメイドアクセサリーは様々なパーツを組み合わせますが、余った場合にどうするか迷うところです。再利用ができないか考えてみて、余分な出費を減らしましょう。