在庫管理にお困りのハンドメイド作家さんへ

商品の在庫管理の必要性

ハンドメイドを始めたばかりの作家さんは、販売するにあたり、ひとつの商品の在庫を多めに作って販売する作家さんがいたりします。

ですが、まずは販売する商品の数を気にする前に、商品の種類の数を気にするようにしましょう。

アクセサリーを例にとってみると、イヤリング5種類、ピアス5種類というように、ひとつの商品や作品の数を増やすということではなく、イヤリング3種類、ピアス3種類、ネックレス3種類、ブレスレット3種類という感じで、それぞれ商品の在庫数を少なくしてでも、商品の種類を増やすということです。

ひとつの商品の在庫をたくさん抱えても、その商品の売れ筋があまりよくないと、時間をかけてたくさん作ったのに売れない。在庫が減らない。収入が伸びない。と、いうことになってしまいます。

人によって好みは様々ですし、専門にしているような少ない種類で商品の数を多く販売している作家さんは、既に固定ファンがたくさんいて、ベテランの作家さんであり、商品のレベルも初心者レベルではありません。

ハンドメイドを始めたばかり、これから始める。という作家は、なるべく在庫数を少なくして、多くの種類を販売することに心がけましょう。

それによって、あまり売れない商品でも抱える在庫が少なくてすみますし、逆にすぐに売り切れてしまう商品がわかるという目安にもなり、在庫の管理がしやすくなります。

1か所で販売している場合の在庫管理方法

ひとつのサイトで販売している作家さんは、そこのサイトで売れた物、売れなかった物が凄くわかりやすいので、少し慣れてきたら、よく売れる商品の在庫を、少し多めにしてもそんなに管理に困ることはないかと思います。

先ほどお話ししたことを踏まえると、少し矛盾しているのではないかと思われますが、あくまでも慣れてきて、売れる商品、売れない商品の見分けがつくようになってからのことです。

売れない商品の在庫を増やしても、在庫が増えてしまうだけですので、すぐに売り切れてしまった商品や、在庫を増やしてもほどよく売れる商品でしたら、気に入ったのに買えなかったというお客様がいないとも限りませんし、その大事なお客様を逃してしまうことになってしまいます。

いつもここのショップは売り切れが多い。なんて、イメージをつけられてはお客様が減る原因にもなりかねませんので、売れ行きと在庫の管理だけは気をつけましょう。

ハンドメイドを始めたばかりの作家さんは、まず、ひとつのサイトで上手く管理ができるようにするとよいでしょう。

複数の場所で販売している場合の在庫管理方法

商品種類、在庫の数、売れ行きなどの見分けがある程度できるようになり、少し余裕があると感じた時に、他のサイトでも同時販売してみるのもいいでしょう。

ここでもまた少し、矛盾してしまうかも知れませんが、サイトによってはお客様のタイプも変わっていたりしますので、商品の種類を少なくして在庫を多くし、何サイトとかで販売するということもできなくはありません。

ただ、今はひとつのサイトしか見ないというお客様は少ないです。ハンドメイドに限らず、これが欲しいと思ったら、色んなサイトに目を通して探し、自分の好みにあった物を見つける人がほとんどだと思います。

なので、やはり挑戦も悪くはありませんが、在庫が減らないという状態になりかねませんので、きちんと管理できるようになってからをオススメします。

在庫の管理方法についてですが、例えばAサイトでピアスAを3個、BサイトでピアスAを3個、販売するとしましょう。この場合、同時に全部売れてしまうことはあまりありませんが、本当に3個しか在庫がないと、3個以上買って下さった時に困ってしまいます。

もしそうなった時のことを考えて、少し多めに作っておくか、本当に6個作る、または説明記事に補足として、「他サイトでも販売しております為、在庫が無い場合があります。その際には作るお時間を頂くことがありますので、ご了承下さい」「他サイトでも販売しておりますので、在庫が無い場合があります。

その為、ご購入頂く前に、一言、在庫の確認をして頂けると助かります。」など、あまりにも種類が多くて在庫管理が大変な場合は、工夫して書いておくのもひとつの手です。

在庫管理における失敗談とそのリカバリー方法

少ない商品数で販売し、なかなか売れずに諦めて辞めてしまう作家さんは少なくないです。

現に、私もハンドメイドを始めた頃は、どうして売れないんだろう…と、悲しくなってきてしまい、在庫も減らないので辞めようかと思いました。

ですが、今までお話したことを頭に入れてどうにか管理をしていくうちに、売れていくようになりました。

また、全く売れない商品に関しては、他の物を買って下さったお客様に、「お気持ち」としてご購入頂いた商品にお付けしたりすると、お客様も喜んで下さいますし、在庫も減らすことができます。

その際の注意ですが、例えば、ピアスを購入して下さったお客様にプレスレットをプレゼントするのも悪くはないのですが、ピアスを購入して下さったお客様には、売れない商品の在庫の中からピアスをお付けした方が、お客様にとってはひとつの値段で得をした気分になります。

こうすることによって、おまけはいらないとご購入下さったお客様が判断したとしても、あとはご購入下さったお客様自身のことですので、こちらにとっては在庫を減らすことができ、管理もしやすくなります。

お客様によっては、「おまけをつけてくれるから好き」「またおまけを貰えるかも知れない」との理由で、また購入して下さることもありますので、是非、試して見て下さいね。

まとめ

在庫管理は難しく、お客様にご迷惑をおかけしたり販売機会を逃してしまうこともある重要なものです。

この記事が皆様の参考になることを願います。