初めてのハンドメイド即売会でピアスが売れるようにディスプレイするには?

初めてハンドメイドの即売会に出る場合、ピアスをどうディスプレイしたらいいかよく分からないという人も多いと思います。

できるだけ商品を魅力的に見せて売れるようにしたいものですが、そのためのコツをいくつか紹介します。

沢山並べる

ハンドメイドの即売会でピアスを陳列する時には、厳選したものをピックアップして並べるよりも色々なデザインのものを沢山並べる方が人の目を引きます。数が多い方が目移りしますし、探しものをする時のワクワク感を味わえます。

ライトアップする

即売会の会場によってはコンセントがあるので、ライトアップするのはとても効果的です。

ピアスのようなキラキラ感があるアクセサリーは、ライトを使ったディスプレイにすることで輝いて見えます。高級感も増しますし、より魅力的に見せることができます。

LED キャンドルライト(Amazon)

ピアスには台紙をつける

初めてハンドメイドの即売会に出る場合、忘れてしまいがちなのがピアスに付ける台紙です。

台紙があると手に取りやすいので、じっくりとピアスを見てもらいやすくなります。逆にいうと台紙がないと、手に取ってもらえる機会が減ってしまいます。

まず手に取ってもらうことが第一歩なので、台紙があるかどうかは運命の分かれ道です。それに、お客様の滞在時間が長くなると自ずと他の人もやってきます。人だかりには人が集まるのです。

アクセサリー台紙 50枚入(Amazon)

値札は台紙の裏に貼る

ピアスの値札は、台紙の裏に貼っておくようにすると手に取った時に見やすいです。

表側に貼ることもできますが、値札が目立ってゴチャゴチャした印象になってしまうこともあります。そのため裏に貼っておく方がスッキリしますし、世界観も損ないません。

それに、値段をちらりと見て立ち去ってしまうのを防ぐことができます。気になった作品をとりあえず手に取ってもらう……そのために値札は裏に貼るのです。手に持った状態で値段を見て判断してもらうことが大事です。

イヤリングはピアスと分けて並べる

ピアスと一緒にイヤリングも販売するという人も多いと思いますが、その場合にはピアスとイヤリングは分けて並べるようにしましょう。

イヤリングと思って手に取ったものがピアスだったらがっかりしますし、その逆もあります。ごちゃ混ぜにするのではなく、別々に陳列した方が分かりやすいです。

デザインが同じ場合は右にピアス左にイヤリングと分けてもいいですし、ブース内でピアスコーナー、イヤリングコーナーと完全に分けてもよいです。そのあたりは金具交換の可否で判断してください。イヤリング金具への交換が可能な作品が多いならデザイン中心で並べる、交換不可な作品が多いならブース内で完全にわけるのが良いでしょう。

ジュエリーディスプレイスタンド 12段 (Amazon)

安いピアスを目立つところに配置

どんなジャンルのお店でも、特売品やセール品があるとついつい目が行ってしまうものです。

ハンドメイドの即売会も同様なので、人を集めるためにもお手頃価格のピアスを沢山持っていき目立つところにディスプレイするのがおすすめです。

その場合には、値札を分かりやすいところに付ける必要があります。ポップを使って目立たせるのが効果的です。

ジュエリースタンド(Amazon)

ブースの中では作業を

ブースの中にいる時には、何か作業をしているようにするとお客様が商品を手に取りやすくなります。

何もせずにいると、お客様としてはじっと見られているような気がするので落ち着きません。

また、何もすることがないからとスマホをいじっていたりしていても声をかけづらいです。売る気がないのかと不快な気持ちになる人もいます。

そのため何か作業をしているくらいが、ちょうど良い距離感なのです。勿論、長時間商品を眺めている人には、こちらから声をかけても問題ありません。商品の詳しい説明をすることで、より興味を持ってもらえます。

作業は何でも構いません。というとやることがない……と困る人もいると思います。そういうときは、作品と一緒に渡すショップカードに「ありがとうございます」や「Thank you」と手書きしているとよいでしょう。すぐ役に立ちますし、手書きは味があってよいものです。

まとめ

初めてのハンドメイドの即売会でピアスを売る場合、見やすい工夫や手に取りやすい工夫、リーズナブルなもので人を集める工夫などが必要になります。細かい部分にも気を配ることが大切です。