リピーターが購入する可能性が高いピアスチャームも一緒に販売しよう

ハンドメイドのピアスを沢山作って販売する場合、ピアスチャームも作ってピアスと一緒に出品するのがおすすめです。ピアスチャームは、リピーターが購入する可能性が高いアイテムになります。

ピアスチャームとは?

いつものアクセサリーをちょっとアレンジして、お洒落を楽しみたいという人は多いと思います。ピアスチャームはそういったアレンジに最適なアイテムで、ピアスと組み合わせて使用します。

使い方はとても簡単で、ピアスの本体とキャッチの間に通すだけです。取り外しの際に抜け落ちないように気を付ける必要はありますが、その後は普段通りにピアスを耳につけるだけで使えます。

ピアスをドレスアップする感覚で、組み合わせ次第でバリエーションが大きく広がります。

ピアスチャームを販売するメリットは?

ピアスだけではなくピアスチャームも販売するメリットは、リピーターが購入する可能性が高いことが挙げられます。ピアスチャームを使うと、手持ちのピアスの雰囲気をガラリと変えることができます。

同じピアスでも華やかさがアップしたり、シックで大人っぽい雰囲気になるなど自分好みに自由にアレンジできるのが魅力です。そのためリピーターが自分の持っているピアスをアレンジしようと買い求めることが多くあります。

ピアスよりも安く作ることができる

ピアスチャームは、ピアスフックがないため、高価な金属を使う人ほど大分コストを抑えて作ることができます。コストパフォーマンスが抜群です。

それがピアスチャームの販売価格にも反映されるので、リピーターが「ついでに買っておこう」となることも珍しくありません。

新しくピアスを購入するのは予算的に厳しいけれど、ピアスチャームなら買えるということもあります。また、市販のピアスに付けるためのピアスチャームを探している人もいます。

金属製のキャッチにチャームを付けて販売するのもおすすめ

ピアスチャームは本来ピアスのフックやポストに通して使うものですが、金属製のキャッチにチャームを付けるのもおすすめです。

キャッチはピアスを留めるためのアイテムなので、あまり目立たない部分ではあります。でも、本当にお洒落な人は、そういった部分にこだわりたいという人が多いです。キャッチに付けるチャームを長くすれば、耳の後ろから覗くおしゃれなアイテムになります。

キャッチをデコレーションすることで、さり気なく遊び心のあるお洒落が楽しめます。

手持ちのピアスの雰囲気を変えられるものを

ピアスチャームを出品する時のポイントとしては、お客様のピアスの雰囲気を変えられるものを提供することが挙げられます。

シンプルなものがキュートな雰囲気になるとか、キラキラ感が増してゴージャスな印象になる、立体的なデザインになるなど、意外性があるものの方が喜ばれます。

まとめ

ピアスチャームは、ピアスと組み合わせることで様々なアレンジが可能になるアイテムです。

リピーターが購入する可能性が高いので、ピアスを販売する際にはピアスチャームも一緒に販売するようにすると売上アップにつながります。