ハンドメイドアクセサリーの販売に飽きた時ってどうしてますか?

ハンドメイドアクセサリーの販売をはじめ、最初のうちは熱心に制作と販売の作業にのめり込んでいたはずなのに、急に飽きたと感じてしまったことはありませんか?

その「飽きた」の原因はなんでしょう?そんな時の対策や提案などを書いていきたいと思います。

もともと作るのが好きだった場合

ハンドメイドが好きで、この趣味をお金にすることができたら。

そんな気持ちで販売をはじめると、陥ってしまうのが作りたいものと売れるもののギャップです。

そのせいで飽きた、やりがいがないと感じるのであれば方向性を変えてみるのも手段のひとつです。

この場合の対処法

承認欲求を満たすだけであれば、SNSやブログで発信する場を設けましょう。趣味と実益を兼ねたいのであれば、作品を売るのではなくレシピ販売に切り替える方法もあります。

他にも需要があるのが、YouTubeなどで作品が出来上がるまでの動画配信です。収益が必ず見込めるわけではありませんが、視聴者の反応が得られます。

確実に収益が欲しいのであればマーケティングが必要です。ハンドメイドピアスに関するマーケティングはこちらの記事で解説しています。

ハンドメイドのピアスが売れない!その悩み、マーケティングで解消しましょう

本格的な収益化のマーケティングについては、他のブログなどで記載されているものがありますのでそちらを参考になさってください。

マーケティング不足で飽きた場合

自分では難しくてマーケティングの方法が分からなかった。やってみたけどうまく収益に繋がらなかった。そんな方もいるのではないでしょうか?

確実に収益を上げたいのであれば、マーケティングは必須です。

ハンドメイドのアクセサリーについては、ハンドメイド作家が飽和状態になりつつあります。そこで利益を得ることは努力が必要なのです。

マーケティングについてはこちらの記事をどうぞ。

ハンドメイドのピアスが売れない!その悩み、マーケティングで解消しましょう

この場合の対処法

全て一人でこなす必要はありません。苦手な部分はランサーズやクラウドワークスで得意な人に頼むという手段もあります。

できることとできないことを切り分けて考えてみると外注する分野が見えてきますよ。

燃え尽き症候群になってしまった場合

このパターンが一番多いのではないでしょうか。

売れないのでマーケティングして、売れる商品を作ったのに思うように収益が伸びない。自分が作りたいものと、販売しているものとの差異が大きくなってしまったストレス。急に、デザインが浮かばなくなってしまったなど。

他にもクレームに辟易した。返品や修繕ばかりになったなどが挙げられます。

販売していると様々なお客様と遭遇します。みんなが喜んでくれるわけではないという現実にストレスを感じているのではありませんか?

この場合の対処法

売れないからと言って需要がないわけではありません。

オーダーメイドのアクセサリー販売をするというのはいかがでしょうか?

例えば、ココナラではオリジナルアクセサリーの受注販売ができます。

https://coconala.com/

作品のサンプルや、イメージ画像などをSNSなどで発信し「その人だけの一点もの」を制作するという方向にシフトすると、やりがいと共に「売れない」というジレンマから解放されますよ。

販売は飽きたけどアクセサリーを作るのは好きという場合

この場合は簡単ですね。収益にこだわらず、趣味として楽しんで過ごしましょう!

まとめ

自分のイメージと違った。思うように売り上げが伸びなかった。

他にも様々な理由で、好きだったハンドメイドを止めてしまうのはもったいないです!無理に作る必要はないんです。飽きたら一旦、お休みしましょう

その時間は無駄ではありません。また新しい物を作りたくなってくるのがハンドメイド好きの良いところ。

アイデアがおりてきたらまた始めれば良いと思いますよ。