ハンドメイドのイベントに出店したい?

ハンドメイドイベントへの出店なら地元のフリーマーケットから

ハンドメイドの大規模なイベントに、自分も出店してみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ハンドメイド好きが集まってきますから、自分の作品を大勢の人に見てもらえるチャンスのように感じられます。

しかし、ハンドメイドのイベントに出店するのであれば、まずは地元で開催されている小規模なイベントに参加するのがおすすめです。

1.大型イベントに出店するのはハードルが高い?

ハンドメイドのイベントには、規模が大きなものから小さなものまで色々あります。有名なのは「横浜ハンドメイドマルシェ」で、日本最大級のイベントです。

ハードルが高いと感じるのは出店料で、出店料はブースタイプと出店日数によって異なります。

11,800円~32,800円に設定されており、かなりの出費になってしまいます。

2.地元密着型のフリーマーケットなら参加しやすい


ハンドメイドのイベントには、規模が小さな地元に密着したフリーマーケットもあります。

広めのショッピングモールや駅前広場、スーパーマーケットに併設されている広場などで行われていることが多いです。

横浜ハンドメイドマルシェのような大型イベントに比べると出店料が安いので、参加しやすいといえます。

実際に出店を希望する場合には、インターネットで検索してもあまり情報が見つからないので、スーパーマーケットやショッピングモール等に置かれているチラシや貼ってあるポスター等を日頃からチェックしておくのがおすすめです。

3.地元のフリーマーケットに出店するメリット

地元のフリーマーケットの場合、出店料が割安なことが多いです。1,000円くらいで参加できることもあり、手軽に申し込むことができます。

それから地元の人が訪れるというのもポイントです。

横浜ハンドメイドマルシェのような大規模なイベントにわざわざ出かける人は、元々ハンドメイド作品が好きで日頃から利用しているという人が大半になります。

目が肥えているので、かなりクオリティの高い作品でないとなかなか購入してもらえないことも多いです。

地元の人が訪れるフリーマーケットの場合、そこまで求められるクオリティは高くありません。

4.地元のフリーマーケットに出店するデメリット

地元のフリーマーケットの場合、やはり安い値段のハンドメイド作品の方がよく売れます。

スーパーマーケットやショッピングモールに買い物に訪れたついでに覗いてみたという人やファミリー層が多いです。

そのため高い値段のものは気に入ったとしても、購入するのを躊躇ってしまいます。値段が高いと売れにくいので、手に取りやすい500円以下のものを取り揃えておくと購入してもらえる可能性が高まります。

また、何が何でも売ろうという気持ちではなく、自分のことを知ってもらうきっかけにしようという心持ちでいる方がいいかもしれません。

名刺用紙(Amazon)

名刺を用意しておいて、立ち寄ってくれた人に宣伝活動のつもりで接するのが良さそうです。

そこから思わぬつながりが生まれることもあります。

まとめ

ハンドメイドのイベントには色々ありますが、大型のイベントよりも地元のフリーマーケットの方が出店料も安いので参加しやすいです。