ハンドメイドピアスの台紙でワンランク上の作品を目指す方法

ハンドメイドのアクセサリーを販売している人にとって大事なのは、ショップとしてのブランド力です。

アクセサリー台紙の効果

一見するとお店で販売されているかのような高級感を出してくれるのが、アクセサリー台紙です。

アクセサリー台紙とは、ピアスやイヤリングなどに破損が無いよう固定する専用の台紙のことをさします。

台紙の種類はさまざまあり、ネックレスとイヤリングの両方を固定できる台紙や、穴だけ開いたピアスのみ固定する小さな台紙などがあります。

今後のハンドメイドショップを見据えて、オリジナルの台紙をまとめて作りたい方におすすめなのが、業者に発注することです。

100枚など大量に発注する場合、1枚あたり比較的安くオーダーすることが可能です。

大量に発注することが心配なら、少し単価が高めにはなりますが、小ロットでの発注をしましょう。

1枚から注文を受け付けているところがあります。

台紙の大きさなど微調整したい場合は、1枚から注文できるところで何度か発注してから大量発注するとよいでしょう。

印字や字体のフォント・大きさなどデザインすれば、完全オリジナルの台紙を作ることが可能です。

デザインツールを提供している業者もあります。

そのほか、台紙の形を個性的にしたり、印字を箔押しにして高級感をだすことも可能です。

細かいオーダーをすることで、より一層理想に近づいたハンドメイド作品となることでしょう。

台紙ショップ

アクセサリー台紙で有名なところは以下のショップです。

ビスタプリント

デザインを選んで、さらにアレンジして名刺サイズのカードを注文できます。デザインがとにかく豊富!ただし、持ち込み画像は使えません。名刺としての注文なので、穴あけは自分でやる必要があります。

Vistaprint

オリジナルプリント

10枚380円から注文できます。また、画像編集画面がありとても使いやすいです。

ハンドメイドのアクセサリーや小物、雑貨などの包装・装飾に便利な台紙のシリーズです。

あらかじめピアスやイヤリング、ネックレスなどを飾るのにちょうどいい穴や切り込みの加工がされているため、お好きなイラストやデザインを決めるだけで簡単に台紙が作れます。

こだわりたい方は「フリーカット」タイプの台紙をご選択いただければ、自分の好きな形で作ったり、自由に穴や切り込みのサイズを決めることも可能です。

オリジナルプリント.jp
https://originalprint.jp/display-cards 

オリジナルプリント.jp

アクセサリー台紙 FUDA

100枚、10000円ほどから注文可能な大量発注のお店です。箔押しができます!

FUDA

もちろん自分で台紙作ることもできます。

作り方

作り方はコツをつかめば工程はシンプルです。

台紙

一番簡単なのが、100均でシンプルな名刺カードを購入し、穴をあけることです。

既にワンポイントの模様がついていたり、台紙の厚みもしっかりしているので固定するのに最適だといえます。

紙の質にはこだわりたい人の場合は、どのように選べばよいでしょうか。

次は、紙の種類についてご紹介します。

クラフト紙

封筒などで使われる素材のクラフト紙は、破れにくく丈夫なのでアクセサリー台紙にぴったりです。

ケンラン紙

肌ざわりがよく、高級感漂うイメージにぴったりです。ピアスの固定を補強するテープが剥がしやすいのもメリットなので、販売するピアスによっては検討することをおすすめします。

クッション紙

厚めの素材でふんわりとしたやさしいイメージの素材です。クッション性があるので緩衝材代わりとしても使え、作品のかわいいイメージをアップさせてくれます。

OHPフィルム

OHPフィルムとはインクジェットで印刷ができる透明フィルムのことです。

紙の質感は写真ではわかりづらいので、見本を取り寄せてみることをおすすめします。ショップによっては送ってくれます。

オリジナルの袋

台紙だけでなくアクセサリーを梱包する袋にオリジナル性を出すことも可能です。

スマホでデザインする場合、こちらのアプリがおすすめです。

picsart ピクスアート

Android

picsart

iOS

picsart

背景や、色合い、使うイラストやショップ名の位置など自分だけのオリジナルの袋を作ることで他との差別化が可能になります。

印字

自分のハンドメイドショップの名前を印刷したい場合は、名刺サイズの大きさで作成するときれいに完成します。

商用利用が可能なフリー素材を使うと、可愛い台紙が完成します。たくさんあるので探してみてください。

イラストACは有名なサイトです。

https://www.ac-illust.com/

詳細は各ホームページの規約をよく確認してから利用するようにしましょう。

ハンドメイドのあたたかい雰囲気を大事にしたい場合は、かわいいイラストや英字のスタンプを押すとよいです。

物足りない場合はオリジナルのスタンプをオーダーしてみましょう。

オリジナルスタンプは、メルカリなどのフリマサイトで作成を受け付けている人がたくさんいます。その場合消しゴムハンコが多数ですので、スタンプのインクは自分で用意しましょう。

穴あけ

ピアスを固定するのに最も大事なのは、穴あけの作業です。

穴あけがよく分からなくて自分で作るのに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

ピアスの場合、目打ちの先の方で小さめに開ければ簡単です。

アクセサリー用の目打ち

デメリットとして紙の素材によっては、少し毛羽立つことがあるので注意が必要です。

もう一つの方法はパンチを使用することです。

一般的な穴あけパンチはホールが大きすぎるのでピアスの固定には向きません。

100均などで売っている1穴のクラフトパンチは比較的小さい穴ができます。

不安な場合は、アクセサリーピアス専用のパンチが売っているので購入することをおすすめします。

その他、フープ型や揺れるタイプのピアスは、台紙にハサミで切り込みを入れてマスキングテープで補強する方法があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マーケティングについてはこちらの記事にまとめてあります。

ハンドメイドのピアスが売れない!その悩み、マーケティングで解消しましょう

今回はハンドメイドピアスの台紙について、発注方法や自分で作成する方法などをご紹介いたしました。

かわいいピアスに素敵な台紙があれば、価値は倍増します。

独自性を高めたものだと購入側もテンションが上がり、更にショップの人気を高めてくれるでしょう。

ハンドメイドショップはきれいな包装が重要になります。

顔を合わせない分、ショップの鏡となるような台紙を作成して、アクセサリーをセットしましょう。