布製のハンドメイド作品の価格を付けるコツ

ここでは布製品に絞った情報をお届けします。

価格設定の方法を決めよう

布製のハンドメイド作品を他人に売るときは価格の決め方が重要で、店舗で販売されている同じタイプのものを参考にすることが望ましいです。

設定する方法は購入希望者の性別や年齢層を確かめ、収入に合わせて許容範囲内であるようにしないといけません。

このため、上限の金額を決めてから下限を決め、自身に利益を出せるようにすることが望ましいです。

布製のハンドメイド作品は材料を購入し、ハサミなどの道具を使って作ることになります。

価格を決めるときは材料の原価を確かめ、利益を出せるようにしましょう。

ハンドメイドの布製品は最近では人気で、高く売れるためにそれなりの利益を確保できる可能性があります。

ただし、それ相応の満足感がないと評価が低くなり、購入希望者が集まりにくくなるため慎重に決めることが大事です。

ネットショップで販売するときは送料なども考え、利益とは別枠で加算しても購入してもらえます。

また、作るためには手間がかかるため、時給として1000円にすると1時間であれば材料費と送料に1000円を加算し、購入希望者が集まるようにすると効果的です。

ハンドメイド作品を作るときはより多くの人に買ってもらい、多くの利益を確保したいと考えるものです。

しかし、原価は材料費以外に梱包資材費、販売手数料、時給などもあり、きちんと理解しないと赤字になり逆効果になります。

梱包資材費は作品をきれいな状態で渡すために必要不可欠で、喜ばれるように雰囲気を出すと効果的です。

販売手数料はフリマサイトやオークションでは手数料がかかり、商品価格の10%になります。また、マーケットなどのイベントで売る場合にも出店料がかかり、事前に金額を確かめることが大事です。

時給は任意に設定できますが、かかった時間を確かめ、購入希望者が買ってくれるようにする必要があります。

価格の決め方は自由ですが、ただ単に「販売価格から材料費を引いた価格」が利益に直結しないため、かかる費用や金額の目安を計算に入れることが大事です。

しかし、相場よりも高すぎるとデザインが良くないと売れないことや、安くても個性がなくありふれたものになると選んでもらえないためきちんと決めないといけません。

まとめ

販売価格の決め方は人それぞれですが、布製のハンドメイドの場合は素材の布の単価だけでなく売るためにかかる費用や梱包資材費、送料などがかかってきます。

このため、時給の分以上に利益を出せるよう価格を決め、リピーターを増やせるようにしましょう。